耳が聞こえにくい難聴の施術

耳が聞こえにくくなる症状について

ある日、突然片耳が聞こえなくなる原因不明の病気・・・。

少し前になりますが、ある芸能人の方もこの病気にかかったそうです。

突然耳が聞こえなくなる病気は内耳の循環が悪くなるためだとも言われていますが、はっきりとした原因は不明です。

現在では、2つの説があるようです。

一つは、毛細血管の血流が妨げられ、内耳に血液が十分届かずに機能不全を引き起こすという説。

血管拡張剤、抗凝固剤などの循環を改善する薬剤がしばしば有効であると報告されていることなどが根拠となっています。

もう一つは、何かに感染した時に処方されるステロイド剤が効くことや、時期により流行性があることからウイルス感染が原因という説。

耳が聞こえにくくなりやすい方について

これも、はっきりとは言えません。

しかし、日常生活でのストレスを抱えておられる方は発症する確率が高いのではないかとも言われています。

ストレスとなると、目に見えるものではないので、なかなか本当のことを探しにくいところです。

なるべくストレスを溜めないように、自分に合ったストレス発散法を見つけると良いですね。

耳が聞こえにくくなる症状と鍼の効果について

鍼の効果についてよく聞かれるのですが、簡単に言うと鍼を刺したところの血行が良くなるということです。

これによって、耳の血行不良を改善させて、耳が聞こえないなどの症状に対して施術をしていく流れになります。

この病気は症状が起こってから、すぐに改善しようと動かないと症状の軽減は見込めません・・・。

これに対して医学的に知られているのは、「症状が固定してしまってからでは改善は見込めない」ということだけです。

ヨリミツ治療塾で行う施術について

まず、施術を受けに来られた方が病院に通ってからどれくらい経過しているのか、どういう病院で薬をもらっているかを教えていただきます。

どの症状が一番強いのか、感音性なのか、伝音性なのかを知り、その人の筋肉の張りや体質をみます。

感音性とは?

何か、音が鳴っていることはわかるものの、その内容がはっきりと理解できなかったり、相手が話している言葉の意味を理解するのが難しくて、会話することが困難になります

伝音性とは?

伝音性は耳栓をしているような感覚。つまり、感覚神経に音が伝えられるまでの障害です。例えば、伝言ゲームをしているときに途中で途切れる状態です。

そして、施術を受けられる方がストレスを感じている場合でしたら、それによって鍼をうつ場所を決めていきます。

治そう治そうと焦ったり、聞こえないことが悪いという意識を持たないで下さい。

リラックスした状態でいられる環境を作ってもらうことが大切なので、お家での過ごし方についてのアドバイスもさせていただきます。

耳が聞こえないという状態だけではなく、耳が塞がれたような閉塞感や圧迫感、耳が詰まったように感じる方にもお越しいただけたらと思います。

悩まれている方がおられましたら、すぐにヨリミツ治療塾までご相談下さい。

鍼での施術は、ほかの改善策と併用できますし、病院に通われている方でも受けられます。

また、薬の使えない方や使いたくない方でも受けられます。

友達や、親戚の方で突然耳が聞こえなくなったという症状の方はおられませんか?

早期に施術を始めることが本当に大切です!!

施術期間と施術にかかる費用について

症状の度合いにもよりますが、最低でも3ヶ月は通って頂くことになるでしょうか。一度お越しになり、担当の先生とご相談下さい。

料金は、施術内容によってかわりますので、こちらを参考に担当の先生とご相談下さい。

耳が聞こえにくくなる症状にお困りなら、岡山市北区のヨリミツ治療塾にお任せください。

086-255-3369
ご予約・お問い合わせはこちら
LINEで予約する
PAGE TOP