産後の不調に悩む岡山のママたちへ。産後の骨盤矯正について詳しく解説します!

産後のママたちを悩ませる骨盤の歪みは、産後の体形の変化や、場合によっては体調不良の原因になることがありますので、そのまま放置してしまうのはNGです。

産後の体が、明らかに妊娠前とは違うと感じたならば、骨盤矯正が必要な状態かもしれません!

そこで今回は、産後の骨盤がゆがみむ原因・それが原因で体に起こる変化・具体的な対処方法などについてご紹介します。

 

出産と骨盤の開き・歪みの関係

楽しくもあり、ちょっと辛かった妊娠期間を経て、やっとの思いで出産。
ようやく妊娠中の腰痛から解放される……と思ったのに、なぜだか痛みがずっと続いている人って案外少なくありません。

あるいは、腰回り中心に大きくなったままで、妊娠前に着ていたデニムが全然入らない!と、そんな人だってたくさんいます。
その原因は、もしかすると骨盤のゆがみかもしれません。

そう聞けば「私はどうなのだろう?」と気になりますよね。
では早速詳しく見ていきましょう!

妊娠と骨盤の歪みの関係

産後に骨盤が緩む・歪む原因は、ホルモンの影響だとされています。
妊娠した女性の体は、妊娠前の状態から一気に変化をはじめ「赤ちゃんを育てる」準備を始めます。

その一環で、エストロゲン・プロゲステロン・リラキシンなど、妊娠をサポートする為のホルモンが多く分泌されます。
これらホルモンの働きによって、ママの体は赤ちゃんを育てるために最適な環境へと変化を遂げるのです。

例えば、普段ならママの体をしっかりと支えてくれているじん帯・筋肉は緩むのですが、それによって赤ちゃんを育てる子宮は、赤ちゃんの成長に合わせて大きくなることができます。
そして、いざ出産となった場合には、産道がゆるみますが、それがあってこそ赤ちゃんは通りやすくなるのだそうです。

このように、妊娠をサポートするホルモンの働きによって、ママの体内にいる赤ちゃんは守られています。

実はこれこそが、ママの体に痛みが生じる原因。

骨盤を支えているじん帯や筋肉の緩みが、骨盤が開く・緩み、それが原因で痛みを生じさせているというわけなのです。

生活習慣での歪みにも注意

普段の生活の中にも、ゆがみの原因は潜んでいます。
以下に1つでも当てはまるなら、歪みの原因となっている可能性がありますので、チェックしてみましょう。
 足を組む癖がある。
 体を動かすのが嫌い
 姿勢が悪い
 床や椅子に長時間座ったままで生活する
 O脚・x脚

どうでしょうか?

もしも、これやってる!と感じる習慣があれば、骨盤のゆがみをチェックしましょう。

 

歪みで体に起こる変化

骨盤が歪むと聞くと、真っ先に頭に浮かぶのが「腰痛」だと思います。

しかし、骨盤のゆがみは全身のいろんなところで不調として現れることがあり、腰の周囲の不調だけにとどまりません。
その代表的なものをまとめてみましたので、見ていきましょう。

◇骨盤のゆがみが原因の代表的なトラブル

□ 腰痛

□ 頭痛

□ 肩こり

□ 下半身太り

□ 内臓下垂

□ 血行不良

□ むくみ

□ 尿漏れ

□ 便秘

□ 生理痛や生理不順

□ 不妊

このように、骨盤が不調で起こる健康問題は、全身に及びます。

骨盤は体の中心部分を支える重要な骨で、体幹を支える重要な役割を担っていることが、これらの不調と関係しているのです。

多くの不調を招く骨盤のゆがみを放置したまま長期間が経過すれば、元の状態に戻すことは困難になります。

健康な体で生活するためにも、できるだけ早めに対処しましょう。

 

産後の骨盤矯正は絶対必要?

実は多くの場合、産後に活動的に過ごしていれば、妊娠で歪んだ骨盤は徐々に元に戻るとされています。
しかし実際には、産後に腰痛・頭痛・肩こりなど、体調不良を訴える女性は少なくありません。

特に妊娠中から産後にかけて、運動不足を感じている場合には、骨盤は歪んだままの状態かも。
妊娠前には感じなかった体調の変化を感じる場合、骨盤の歪みの可能性を疑ってみましょう。

 

 

産後の骨盤矯正ベストなタイミングは?

産後すぐの骨盤矯正は実はNG。

焦る気持ちはとってもわかりますが、そこはちょっと我慢です。

産後の体は見た目以上にダメージを受けていますので、産後1か月程度は安静に過ごすのがベストな選択です。
その後の1か月検診の結果、特に問題なければこのタイミングから骨盤矯正を始めます。

遅くとも産後半年までには開始するのがベターです。

 

この時期を過ぎてしまえば、骨盤は固定されもとに戻すことが困難になりますので、そうなる前に骨盤矯正を始めましょう。

 

骨盤矯正の種類

産後の骨盤矯正は大きく分けて3種類。
セルフケア・専門家の指導のもとで自分で行う・専門家がすべて行う場合があります。

セルフケアでの骨盤矯正

セルフケアで行う場合、必要なものをすべて自分で準備してそれらを駆使して矯正を行います。
産後の骨盤矯正専用のベルトやガードルなどを身に着ける方法や、専用の動画・本・グッズなどを活用して矯正トレーニングを行うものなど、その方法はさまざまです。

<メリット・デメリット>

完全なセルフケアなら、多くの場合比較的安価に始められる上、合わないと思ったら矯正の方法をチェンジできますので、最も手軽に取り入れる方法だと言えますので、骨盤矯正を始めるためのハードルが低いのは大きなメリットです。

複数の方法をミックスするなど、自分でいろいろ工夫できるのも良い点かもしれません。

朝一番でトレーニングを行い、日中はベルトを活用するなど、ライフスタイルに合った方法を試してみましょう。

 

ただ、これを選択した場合、自分の骨盤のゆがみの状態を把握しないまま取り組むことになりますので、正しいアプローチ方法なのか?本法に自分にあっているの?といった心配が伴います。

この点については大きなデメリットだと言えます。

 

万が一、自分に合わない方法の骨盤矯正を実施した場合には、効果がないばかりか、状態が悪化する事も考えられます。
まずはセルフケアからと考えるならば、グッズの購入の際、できる限り専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

専門家の指導のもと行う骨盤矯正とは

専門家の指導の下行う骨盤矯正とは、トレーニングジム・ヨガ・ピラティス教室などで行う骨盤矯正の事。
多くの場合、専属のトレーナーの指導のもと、指定されたメニューをこなすことで、骨盤の矯正を行います。

<メリット・デメリット>

自分の状態を相談できること・専門的なメニューをこなすことができますので、セルフに比べて安心感が違います。

その点は大きなメリットだと言えます。

しかし、マンツーマンの指導ではない限り、多くの人と同じペースで同じメニューをこなすことになりますので、自分に合わない場合には続かないかもしれません。

コスト・時間もかかりますので、そのあたりがデメリットとなるかもしれませんね。

 

専門家がすべて行う骨盤矯正

整体などで行う骨盤矯正がこれに該当します。

痛みの程度や産後に感じている体への変化などを相談し、骨盤の歪みの状態を判断した後に施術
しますので、高い効果が望めます。

〈メリット・デメリット〉

骨盤矯正を行う上で大切なポイントは、骨盤のゆがみの状態の正しい判断と、正しアプローチです。
そう考えると、整体による骨盤矯正なら、すべて専門家の手によって行われますので、最も安全で確実な方法だと言えるのではないでしょうか?
その点は大きなメリットだと言えます。

ただし、セルフケアに比べるとコスト・時間などが必要となりますので、そこがデメリットだと言えるかもしれません。

産後の骨盤矯正は、正しい判断と正しい方法で行いましょう!

産後の骨盤矯正についてお伝えしてまいりました。自分に合った方法、見つかりましたか?
妊娠や出産に伴い歪み・緩んでしまった骨盤の矯正は、時間との闘い。
産後1か月から半年までが勝負です。

それを過ぎてしまったら、歪んだままの状態で固まってしまうかもしれません。
そうなれば、体の不調もそのままとなってしまいますので、なんとしてもそれは避けましょう。

もし、「自分に合った方法が分からない」という場合には、お気軽にご連絡ください。
あなたにとっての最善の方法をご提案させていただきます。

086-255-3369
ご予約・お問い合わせはこちら
LINEで予約する
PAGE TOP