膝痛の施術

膝の痛みから解放されたい!という方に

  • スポーツの大会が近いのに、膝を痛めてしまった
  • 階段の上がり下がりが辛い
  • 膝に水が溜まる
  • 立ち上がりや、歩き始めに膝が痛む
  • なんとなく膝に違和感があり、膝が重たい

などなど・・・。

膝の痛みでお困りではありませんか?

膝の痛みはいくつかの種類に分けることができます。

1.体重をかけている時に起こる痛み

体重をかけている状態で起こる膝の痛みは、膝の関節が上手く噛み合ってないことが原因と考えられます。

関節がうまく噛み合ってない状態で、膝に負担がかかると炎症が起きたり半月板がすり減ったりして痛みが出てきます。

なぜ関節がうまく噛み合わなくなるのでしょうか?

それは、関節周辺の筋肉のバランスが崩れているからです。

筋肉のバランスが崩れることで、噛み合うはずの上下の骨の位置がずれてしまいます。

この状態で、歩行やランニングを続けるとどうでしょうか?

当然、膝に負担がかかり、痛みも出てきますよね。

普段、平地を歩いている時には体重の約3倍の重み、走っている時は歩いている時の約10倍の重みが膝にかかると言われています。

若い時は歩幅が大きく、比較的筋力も保たれていますが、年齢と共に歩幅が狭くなってきますので、筋肉の働きも落ちてきます。

歳のせいも一理ありますが、治療を受けると症状を緩和することはできますので、「もう歳だから」と諦めないでくださいね。

2.膝のうずき、違和感(体重をかけてない時)

寝ている時、動いていない時などに膝が痛む・・・。

この場合、体重がかかっているわけではないので、筋肉のバランスが崩れていることとはあまり関係がないでしょう。

原因としては、リンパの流れが悪くなっていることと考えられます。

実は、リンパの流れが滞ると、痛みが出ることがあります。

パンパンの状態のリンパ管に次々とリンパ液が流れてくるわけですから、当然リンパ管はギューギュー詰めの状態になりますよね。

湿気の多い時はリンパの流れが悪くなりやすいので、お天気が悪い時に膝が痛むという方も多いことでしょう。

3.正座をしたり、しゃがんだり、膝を大きく曲げる時に出る痛み

正座をする時の痛みの原因は、1の原因と似ていて筋肉のバランスが崩れていることが原因と考えられます。

少し違うことは、崩れている筋肉の場所が違うことです。

膝を大きく曲げる時に出る痛みは、足の前側と後側のバランスが崩れていることが原因と考えられます。

そのため、筋肉の前後のバランスを取ってあげれば、この痛みから開放することができるでしょう。

では、実際にどのような施術をするのでしょうか?

体重をかけている時に痛む方の施術についてです。(例えば、走りすぎて膝が痛くなったなど)

このような方は、おしりの横から膝の関節の辺りまでの長い範囲にある腸脛靭帯(ちょうけいじんたいえん)という靭帯と、膝の関節の横にある骨とが擦れることで炎症が起きていると考えられます。

(これは、ランナー膝とも呼ばれます。)

ですので、まず、患部の炎症がおきている部分をアイシングします。

可能であれば、全体のストレッチを行いますが、痛くて触れないという方にはおしりの筋肉の辺りから緊張をとって膝の負担を減らします。

他にも、電気、超音波、鍼などの施術があり、お客様に合わせたものを提案させて頂きます。

施術後は、テーピングをして筋肉を保護します。

施術を受けられた方から喜びの声を頂きました。

一回目の時点で明らかに痛みが軽減されて驚きました。
バンビ様
Voice1.png
※こちらは、あくまで個人の感想ですので、必ずしも効果を保証するものではございません。

膝の痛みの施術なら、岡山市北区のヨリミツ治療塾にお任せください。

086-255-3369
ご予約・お問い合わせはこちら
LINEで予約する
PAGE TOP