坐骨神経の痛み

坐骨神経(ざこつしんけい)の痛みについて

  • おしりの後ろや太ももの後ろ側が痛い
  • 身体を曲げたりひねった時に神経が痛い
  • クシャミや咳をした時、または大きく深呼吸した時に痛みを感じる
  • 顔の片側にビリっと刺すような、電気が走るような痛みがある
  • 頭の表面、頭皮がズキズキと痛む
  • 耳の後ろが痛い
  • 目の周りがピクピクする

このような坐骨神経の症状にお困りではありませんか?

坐骨神経の痛みは「痛い」「冷たい」「熱い」などの感覚をつかさどる末梢神経が刺激されることでおこります。

痛みの他にも、震え、しびれといった症状が出ることもあります。

この痛みには原因がハッキリしている症候性神経痛と特定の原因がわからない特発性神経痛があります。

また、この坐骨神経の痛みは痛みが出る部位やその種類によって原因が異なります。

坐骨神経の痛みが出やすい人について

調理場や冷凍作業などをお仕事にされている方は、常に冷える場所にいるので、血行が悪くなりますから要注意です。

タバコをよく吸う方も、血流が悪くなりますから気をつけましょう。

さらに、タバコに含まれるニコチンが原因で椎間板が損傷しやすく、神経の痛みが出やすいというデータもあるようです。

それから、お酒を飲み過ぎる方。こういった人はアルコールの影響で手足のしびれや痛みが出ることがあります。

また、アルコールを分解するときにビタミンを大量に必要としますから、ビタミン不足になり末梢神経に障害をもたらすということも・・・。

坐骨神経の痛みに対する施術について

血流を良くしてあげることが一番ですから、マッサージ・ホットパック・ストレッチ・鍼などをします。

一般的には鍼がよく効くと言われています。

さらに、骨盤を矯正し、硬くなった筋肉をほぐしてあげることで、痛みが出にくい身体づくりを目指します。

ただ、痛みの出ている部分や原因によって施術方法は変わってきます。

ヨリミツ治療塾では、施術を受けに来られた方のカウンセリングをしながら、症状や原因によって施術をさせていただきます。

坐骨神経の痛みにお困りなら、岡山市北区のヨリミツ治療塾にお任せください。

086-255-3369
ご予約・お問い合わせはこちら
LINEで予約する
PAGE TOP